英語を使ってスキルアップ

英語を使ってスキルアップ

TOEICスコアを活かして転職がしたい、でもそもそもTOEICってどのくらい転職に有利なの?

と疑問に思っていませんか?

結論から言うと、TOEICスコアが転職に有利なのは間違いありません。

私は800点を取りましたが、それがどういう意味を持つか気になり調べてみました。

ずばりTOIEC800点は目指す価値があるのか、どれくらい転職に役立ってくれるのか。

気になる実態を解説します。

90日間で身につく瞬間記憶!
無料講座で効果を確認する⇒

TOEICスコアが大事な理由

TOEICスコアが高いと転職に有利かどうか。

職種にもよりますが、その答えはまずイエスだと言っていいでしょう。

その理由はどうしてでしょうか?

企業が求めているから

近年グローバル化が進んでいる日本の企業。

今後のビジネスパーソンに必要なスキルは英語である、と実に82.6%もの企業が回答しています。

さらに英語を使用する部署の中途採用試験では、10.2%の企業がTOEICのスコアを要件としており、43.6%の企業がスコアを参考にしていることもわかっています。

これはつまり、多くの企業が英語の堪能な人材を求めているということになります。

外資系に限らず、国内企業でも海外営業に力を入れているところが増えてきています。

人材のグローバル化から、管理職に英語のコミュニケーションスキルが求められる場合があるというのはよく聞く話ですよね。

そもそも転職をする理由は、今より良い収入や条件で仕事をしたいからという方がほとんどです。

前向きな転職でより良いポジション・年収アップを狙うなら、尚更TOEICスコアは必須になってくると言えます。

TOEIC800点に求められること

TOEIC公式サイトによりますと、一般的な企業で国際部門に必要な英語スキルはTOEICスコア750点程度はほしいと言われています。

800点はそれを超える成績なのでそう考えると比較的高いスコアになります。

英語を日常的に扱う英文事務、医療通訳、貿易事務などの職ならつきやすいです。

石井式・瞬間記憶術でミスをなくす

TOEIC800点は難易度が高く簡単に獲得できるスコアではありません。

だからこそTOEIC800点を獲得すれば、転職の際に有利に働く可能性が高いです。

高いスコアを獲得していることが武器となり、今よりいいポジションで活躍できたり収入がアップしたりするかもしれません。

転職を目指しているならぜひTOEICのスコアアップを目指して勉強してみましょう。

忙しいビジネスパーソンだからこそ、時間をうまくやりくりして学習時間を作ることが非常に重要。

なのでそんなときは石井式・瞬間記憶術で簡単にスコアがあげられます。

90日間で身につく瞬間記憶!
無料講座で効果を確認する⇒
TOPページを見る